22.9.12

エブリンと斑入りフィソステギアの蕾

イングリッシュローズのエブリンがまた咲き始めました。
バラの香りはどれも好きだけれど、このエブリンの香りが一番好きです。
ベッド脇にこのエブリンを一輪活けると良い香りを感じなら眠りにつくことができ
お姫様気分です。(笑)

このバラはあるお客様のお庭にも咲いてるバラだそうです。
(因みに後ろに写っているブルーのアガスターシェも一緒なのだとか)
お花の好みが似ているとアンティークの好みも似てくるのでしょうか。


今になって蕾をつけたフィソステギア。
白のフィソステギアはもうとっくにお花が終わっていますが
この斑入り葉のピンクのお花を付ける方は今になってやっと蕾。


最近また温度が下がり、最高気温15℃、朝は5℃ぐらいしかありません。
部屋の温度も18℃ぐらいしかありませんが、暖房はもうしばらく我慢します。(笑)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

4 件のコメント:

  1. lunaさんこんばんは〜
    いつも楽しみに見せていただいています。
    マウスマンションはすごいですね。
    小さい道具、全てスカープマンさんの手作りですか ?
    可愛くておしゃれで夢がいっぱい。。。
    小さくなってサムとユリアと一緒に中を探検したいです。
    年甲斐もなくそんなことを思いました ^-^

    エブリンはジュウド ジ オブスキュアに似た感じでしょうか。
    とても素敵に咲いていますね。
    バラ...いくつ元気になってくれるか心配な状況です。
    手入れは大切ですね〜 今さらながら...

    返信削除
  2. ちゃまさん、おはようございます♪

    全てカリーナさんの手作りではないように思いますが
    (バスタブとか綺麗なテーブルなどはドールハウスの
    ものを使っているように思えます)
    本当のところはどうなのか分かりません。
    小さくなれたら楽しいでしょうね~。
    アリエッティの映画のように本物の虫や動物は怖いとおもいますが。(笑)

    エブリンはジュウド ジ オブスキュアほどディープカップではなく
    コロンコロンした印象ではないように思います。
    うちのバラは今年一気に減ったので寂しいです。
    でも鉢植えにはしたくないのでお迎えすることが
    できません。(溜息)
    ちゃまさんところのバラ、すこし涼しくなればまた復活するかもしれませんね。
    秋に向けて頑張ってください♪

    返信削除
  3. 優しい色の素敵なバラですね。
    うちのバラ、あまり香りがしません。
    鼻をうーんとお花にくっつけないとわからないくらいです。
    やっぱり土が悪いんですかねえ・・・

    こちらも日に日に気温が下がっていっています。
    今朝もかなり冷えて、夫は「寒ければ暖房入れていいよ」と言ってくれました。
    カナディアンの彼にとっては多分大丈夫でしょうが、私はこちらの寒さになれてきたとは言え、やはりカナディアンほどの耐寒性(笑)にはまだまだ程遠いようです。

    でも、うちもまだ暖房は入れていません。
    夏の暑さが一転して秋の涼しさになった感じで、お庭の整理もしなければ、とちょっと焦ります。

    返信削除
  4. hanaさん、こんばんは♪

    香りは気温も影響するそうですよ。
    香りが強くなる気温があるはずなのですが
    忘れてしまいました。(笑)

    私は寒いのですが主人は寒くないというので
    私だけのために入れるのはもったいなくて。
    最近は薄着に見えてもセーターの下にヒートテック、
    パンツの下にタイツをはいています。(苦笑)

    これからは落ち葉が大変ですね~
    拾っても拾っても次から次へ。(笑)

    返信削除