23.5.17

今年も初夏のブケ



去年義母の誕生日に
初夏のブケを贈りました。
今年はどんな花があるかな、と
思いながらいつものお花屋さんを覗くと
綺麗なアリウムが♪

今年も背の高いもの同士(アリウムとユリ)
のブケになりました。
これにもう少し何かをプラスした方が
良いかと迷って店員さんに相談すると
この2種のみが良いとのこと。
商売っ気のない店員さん(笑)のお蔭で
今年はスタイリッシュな初夏のブケ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22.5.17

イギリスアンティーク シルバープレート ティーポットとミルクピッチャーのセット


イギリスのシルバープレートの
ティーポットとミルクピッチャーのセットを紹介します

フォルムが大変美しく
エンボスとエングレービングの装飾が施され
ハンドルや摘みも美しいセット。
無地や花柄など、どんなティーカップとも
似合いそうなデザインです。

テーブルにシルバーが加わると
華やかになりますね。
ゆったりと流れる
ティータイムが楽しめそうです。

このティーポットとミルクピッチャーのセットを
Antiques Lis de la vallée 
アンティーク リ・ドゥ・ラ・ヴァレ ヘ
詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


18.5.17


藤の花が咲きました。
この花が咲くと
裏庭は一気に藤色に染まります。
毎年3度花を咲かせる藤ですが
一番花がやはり一番豪華。


先日BBC(イギリスのテレビ局)の
日本の桜の特集を見ました。
国中が桜色に染まり
その美しさを取り上げるだけではなく、
熱狂的な桜好きの日本人の心境が
イギリス人にとって興味深いようです。
ガーデニングで有名なイギリスですが
日本人がどうしてここまで
桜を愛するのかが分からないよう。

新聞やテレビのトップニュースは
桜前線や開花予報。
確かにそういうことがニュースのトップになることは
ヨーロッパではあまりありません。

桜に詳しい専門家のお爺ちゃんに
日本人はどうして桜が好きなのか、と尋ねると
『分からん。』
と答えたのが可笑しかったですが
それが正解な回答かもしれませんね。^^


取り上げられていたのは桜だけでしたが
日本人が好きなのは桜だけではありません。
この藤だってそうですし
梅雨には紫陽花
挙げるときりがありませんが
紅葉だって大好きですね。

昔から日本人は四季それぞれの
花木や草花を愉しみ
自然と共に暮らしてきました。
だから色んな記憶や想い出の背景には
様々な花があることが
多いのではないでしょうか。
そんな日本人の暮らしぶり
粋だな、洒落てるな、って
日本の外側から見て
気付いたことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

17.5.17

フランスアンティーク ガラスドーム(小)



今日は古いガラスドームを紹介します。

大切な思い出の品を飾ったり
何を飾っても絵になるシーン、
時間が止まってしまったかのような
空間ができあがります。

ガラスドームは大小色々な
サイズがありますが
このガラスドームは
小さなサイズになります。

この ガラスドーム(小)
古道具Lelietje van dalenへ
更新しました。



詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15.5.17

ライラック


フロントガーデンの
ライラックが咲きました。

ライラックは大きく育つ花木なので
毎年剪定が必要なのですが
強く剪定すると
翌年花が咲かなくなるので
強剪定する枝と弱剪定をする枝を
半分ずつにして剪定をしています。
自己流ですが、この方法で
大きくなりすぎず
且つ毎年花が楽しめています。

庭仕事をしていると
いつも通りかかる上品なマダムが
歩道間際に植えられているうちのライラックの
香りを楽しまれているのを見かけました。

花が咲いたばかりなので
今年の剪定はまだ先ですが
花の重みで道路側にしなだれた枝の
整理をしなければならなかったので
数本差し上げました。

裏庭はプライベートで
高い板塀に囲まれ外からは見えませんが
フロントガーデンの方は
通りがかる花好きさんにも
楽しんでもらっているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12.5.17

誕生日のブケ


誕生日に頂いたブケ。
今年はピンク♡
バラのフーシャピンクに
元気をもらいます。


そしてとってもシックな色合いの紫陽花。
綺麗なドライフラワーになるといいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10.5.17

フランスアンティーク  オイル&ビネガーボトル用ホルダー


今日はフランスのボトル用ホルダーを紹介します。

黒のお色がシックなボトル用ホルダー。
小さいながらにコラムのフォルムが美しく
存在感のあるホルダーです。
オイルとビネガーのボトルは
なくなってしまっていますが
小さなガラスの花瓶などを入れて
花台として使えそうです。
もともとテーブルで使うものですから
テーブルウェアーとの相性が良く
ダイニングテーブルに小さなお花を飾ると
素敵かな、と思います。

またはお手持ちのボトルを使って
オイルとビネガー用のホルダー
としても良いですね。

このオイル&ビネガーボトル用ホルダーを
Antiques Lis de la vallée 
アンティーク リ・ドゥ・ラ・ヴァレ ヘ
詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9.5.17

ショウバシコウの巣


木漏れ日が気持ちよい
森の散策。


ショウバシコウの巣を見かけました。


卵を温めているようです。
ショウバシコウはコウノトリ属ですが
コウノトリはくちばしが黒で
ヨーロッパではショウバシコウが
赤ちゃんを運んでくると言われています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8.5.17

お城周辺散策


先日投稿したすずらんの森は
このお城の敷地内の森です。
こぢんまりとしたお城ですが
起源は14世紀まで遡ります。
(建物自体は19世紀のもの)


壁に誘引された藤の花。
右側にお庭があるのですが
privé の看板がでていたので
カメラを向けるのをやめました。
(私もプライベートな裏庭の写真を撮られ
ブログに載せられるのは嫌ですから。^^)


それでも気になるのでチラチラと見ていると
お庭で作業をされていたマダムが
お城を指して『こちらへ抜けても良いのですよ。』
声をかけてくださりました。
2時間後に散策から戻ると
まだ作業されていました。
ガーデニングがお好きな方なのでしょう。


↑ 朽ちたお城跡のように見えますが
もともとこういう風に建てられました。
1900年頃朽ちたように見えるお城を
敷地内に建てるのが流行ったのだそうです。



敷地内の森や1階部分はカフェとして公開されています。
そうすることによって固定資産税の減税が認められるので
殆どのお城は一部が一般公開されています。





子牛や子羊の姿もチラホラ。
春ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5.5.17

フランスアンティーク ウォールシェルフ(ブラック)


今日はウォールシェルフを紹介します。

シェルフそのものがお部屋の雰囲気を
ぐっと高めてくれそうな
美しいデザインです。

お色はシックなブラックで
コラムの曲線が強調されるかのように
くっきりと浮かびあがります。

グリーンやお気に入りの小物、
ドライフラワーなどを
飾って楽しんでください。

このウォールシェルフ(ブラック)を
Antiques Lis de la vallée 
アンティーク リ・ドゥ・ラ・ヴァレ ヘ
詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・