21.3.12

オランダ益子焼特別展

オランダ南部の街テーヘレンで東北地方太平洋沖地震の被害があった益子を
支援するため益子焼特別展が開催されていました。
私たちは年末の休み中に行って来ました。


とても小さな展示会場でしたが何時間もかけて見学しました。


というのは、こちらで展示されている益子焼は全て販売されていたのです。
震災に見舞われた方々の支援という意味でも私たちも何か買わせていただく
つもりでした。


主人が一番惹かれたものがこちら↓です。萩原芳典さんの作品。
残念ながら既に売約済でした。


結局主人は同じ陶芸家の↓の下段中央の器を選びました。


そして私はこの角皿↓を選びました。佐久間藤也さんの作品です。


日本へ里帰りしてもこういう割れ物は持ち帰るのが大変なので中々買うことができません。
益子焼を見たのは初めてだったのですが、どの作品もとても素敵で
選ぶのにとても時間がかかりました。
外に出たときにはもう薄暗くなっていました。


展示会は3月11日まであったのでその日まで作品は展示されていました。
先週末は展示が終わっていたので作品を引き取りに行って来ました。
益子焼はずっしりと重いことが特徴なのだそうです。
そのずっしりとした作品を抱え、被災地の皆さんが背負っている重みを
再び考えさせられました。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・ 

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

キーボードの左下の[ctrl]キーを押しながら
↑のバーナーをクリックすると
ランキングのサイトに移動せずに応援して頂けます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・


2 件のコメント:

  1. lunaさんこんばんは〜

    オランダに益子焼 ? 不思議な感じがしますが、
    日本の陶器が外国の方に気に入ってもらえるのはうれしいですね。
    わたしも陶器大好き。。。
    益子の陶器市はよく行きます。昨年は行けなくて残念でした。
    まあ、私が買うのは毎日使う小物ばかりですが。。。
    ゴールデンウィークの頃と秋の連休の頃、年二回陶器市があります。
    最近の益子焼は若い方や外国の方などの作品も多く、おもしろいです。
    町もおしゃれになりましたが、地震の後どんなかな〜と気になっています。
    今年の五月は無理なので、秋にはぜひにと思っています。
    作家さんの大皿、そちらではどのように使われるのでしょう。
    やはり飾り皿でしょうか。。。

    返信削除
  2. ちゃまさん、こんにちは♪

    ちゃまさんも益子焼お好きなんですね。
    オランダの陶芸界の方々の支援という形で益子焼がこちらで紹介されることになりました。主人はもちろんですが、私もそれまで知らなくって。有名だったんですね。(汗)華やかというわけではないのですが素朴な器に惹かれました。
    主人が選んだものは柿釉の器です。この柿釉の手法に惹かれたようでした。
    普段使いに…と言いたいところですが、高価なものでしたし、主人も飾るつもりで今ショーケースを探しています。
    外国人の方の作品もあって大きな花器に惹かれたのですがとても手が出るお値段ではありませんでした。(笑)
    益子に行ったことはないのでいつか是非訪れたいと思っています。

    返信削除