12.3.12

バラ剪定の講習会

土曜日にバラのナーセリーでバラ剪定の講習会があって行って来ました。
年に2回バラの講習会があるのですが、剪定の講習会は初めてでした。

バラの剪定は本を読んで知っているつもりでいましたが、
講習会では色んなことが学べました。
驚いたのは、バラの剪定は3月だと思っていたのですが、
このナーセリーでは4月1日以前に剪定は一切しないとのこと。
また寒肥は穴を開けずにパラパラと上から蒔くだけで
雨が降るごとに土の中にしみこんでいくのだとか。

↓つるバラの剪定方法を説明しているところ。


こういう講習会に出席すると日本の皆さんとは違って
最後に質問があればどうぞ。で質問をするのではなく
疑問に思ったらの話を遮ってその場ですぐです。(笑)
なので脱線の多く、1時間ほどで終わると思っていた講習会も
2時間以上続きました。
でも参考になる質問もありで楽しい講習会でした。


うちのバラの剪定も4月まで剪定を待とうかと思いましたが
今日全てのバラの剪定を終わらせました。
もう霜が降りるような日は来ないようですし、しっかり剪定方法が頭に入っているうちに。
これでバラの冬作業はすべて終了。今年はどんな花を見せてくれるかな~♪


・ ・ 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・ 

人気ブログランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします♪
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・

2 件のコメント:

  1. lunaさんおはようございます。
    バラの剪定、しっかり習って今年は更に美しく咲いてくれるでしょうね。
    楽しみですね〜 ♪
    基礎を知ることはとても大切なことと感じています。
    今までの長い年月なにをしていたのかな〜
    なにも知らず、なにも身についていなかったことを、
    この年になり思い知らされています。
    講習はもちろんオランダ語ですよね。図書館で調べものをしたりも・・・
    何年でそんなに慣れるのでしょう。

    ↓の記事にコメント入れたのに入っていなかったようで、
    これもうまく入れられるかな ?
    良く分らないままやっているので...

    返信削除
  2. ちゃまさん、おはようございます♪

    今までの方法ではどうやら剪定があまかったみたいです。(汗)
    この剪定の方法でどんな咲き方をするのかが楽しみですが、弱らせてしまっている株もあったり、鉢植えの植え替えをして根がそれほど張っていなかったりでカルシウムが足りないのかと思ったり。まだまだ学ぶことが多いです。

    好きなことを調べるのは外国語でもちっとも苦ではないです。逆に好きなことだと集中力がすごいですよ。(笑)せっかくこの場にいるのだからここでできることを楽しまなくっちゃですよね♪園芸本も英語のものは日本でも翻訳されて出版されていると思うのですがオランダのものはあまりないように思います。そんな情報を発信できればいいな~と思っています。
    何年でそうなれるか。。。やり始めれば自然にできるようになります。スケートと同じく一歩前へ踏み出す。あとは自然に~です。

    コメント入らなかったですか?またトラブルが起こらないように願いたいです。。。

    返信削除