30.1.13

熊野古道1

この長閑な里山は
新大阪から特急くろしおで約2時間
その後バスで2時間以上かけてやって来た
ミドル・オブ・ノーウェア。


地図で見ると
実家のある神戸から
この場所までは
そう遠くに見えませんが
遠かった・・・(笑)


やっとバスを降りたときは
すごく遠くへ来たように感じました。


時間がかかったからだけではなく
いくつもの山を越えて
景色がどんどんと変わっていく様子を
見ていたからかもしれません。


そしてバス停を降りて暫く歩いていると
日本の長閑な風景が
現れました。


和歌山県だけあって
無人販売所には
みかんや梅干が
並んでいました。

 

梅干が好きな主人は
ここで梅干を買いました。


ここは和歌山県の
ほぼ ど真ん中です。


ず~と山々が続いているのが
望めました。


そしていよいよ
巡礼の道へ。
熊野古道


 

『熊野古道を歩きたい』と
言い出したのは
主人です。


熊野古道は
紀伊路(渡辺津-田辺)
小辺路(高野山-熊野三山、約70km)
中辺路(田辺-熊野三山)
大辺路(田辺-串本-熊野三山、約120km)
伊勢路(伊勢神宮-熊野三山、約160km)
とたくさんコースがあり


どのコースを組むか
かなり時間をかけて調べました。


そして2泊3日のプランを立て
いよいよやって来た熊野古道です。



私にとっては
目的地に着くことよりも
太古の森を
深い谷を
歩くことが
目的の旅行。



1日目に入った
深い森には
鳥さえもいないのか
さえずりが一切聞こえませんでした。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

4 件のコメント:

  1. わあ、旦那様、風流ですねえ~。
    うちの夫じゃ、絶対熊野古道のことなんか知らないですもの~。

    いい風景ですね。
    山のある風景ってなんか落ち着きますよね。

    私は山に囲まれたところで育ったわけでもないんですけれど。

    トロント周辺では近くで山の見えるところってないので。
    林みたいなものはたくさんあるのですけれど。

    旦那様、梅干お好きですか?
    すごい。

    そういううちの旦那も納豆好きなんですけどね~(笑)。

    返信削除
  2. 熊野古道、もちろん私は行ったことがありませんが、
    いつか必ず行きたいです。
    鳥のさえずりさえ聞こえないというのが不思議ですね。
    偶然だったのでしょうか。
    古い森はいいですよね。
    春になったら、戸隠の原生林に行きたいと思っています。
     ↓
    コマドリ、かわいいですねぇ。
    子供の頃に秘密の花園を読んで以来、あこがれの鳥なの
    ですが、残念ながらまだ会ったことがありません…。

    返信削除
  3. hanaさん、こんばんは♪

    本当に、どこで知ったんでしょう?(笑)
    でも世界遺産に登録されたので知ったのでしょうね。
    私は全然知識が無かったのでどこを選べばいいのか。

    私は海と山に挟まれた街で生まれ育ちましたが
    自然にはまったく興味がなかったのですよ。
    オランダの田舎に住むようになってからです、こういうところが好きになったのは。

    梅干は・・・高級なものだけが好きです。
    ここで買った梅干はダメでした。(笑)
    納豆は食べません。hanaさんのご主人の方がすごいです。

    返信削除
  4. hanalamimoさん、こんばんは♪

    そうなんです、さえずりが聞こえずちょっと不気味なくらいでした。(笑)
    戸隠へは行ったことがありません。
    検索すると水芭蕉が群生している画像を見ました。
    すごいですね~ 
    hanalamimoさんが行かれたら是非見せてくださいね♪

    コマドリ可愛いです。
    そうそう秘密の花園ではじめてコメントを頂いたのですよね?
    私もあこがれていました。日本では見たことがないですが
    hanalamimoさんも いつか見れますように。

    返信削除