26.1.13

モーヴ色のチューリップ

義母から電話がありました。
『エルテンスープを作ったから取りに来る?』と。
寒い日が続くと毎年必ず
このオランダの伝統料理を作ってくれるのです。

せっかく作ってくれたのだから、訊いてみました。
『そちらで一緒に頂いてもいいですか?』

前にもこのブログで
義母が大のお花好きであることを書きました。
『お花のない家(house)は家(home)ではない』
と言って、リビングにはいつもお花が飾られています。


そんな義母のために
チューリップを持っていきました。
今回はモーヴ色のチューリップ。

義母の家に飾ってるお花と重ならなければいいなと
思っておりましたが、大丈夫でした。
今は白のバラのブーケがコーヒーテーブルに飾られ、
1mほどの高さのあるガラスの花瓶に、長い桜の枝が生けられ、
床の上に置かれていました。
そしてこのチューリップは
マントルピースの上へ飾ってくださいました。

エルテンスープはいつものごとく
すごく美味しかったです。
そして心も体もとても温かくなりました。

エルテンスープの画像(前回義母が作ってくれたもの)
こちらにあります。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


0 件のコメント:

コメントを投稿