7.2.12

小さなオランダの村 3

思いがけず何もない小さな村の画像が素敵だとコメントを頂きありがとうございました♪
まだブログをしていなかった頃にこの村へ行ったことがあるのですが
その時の写真をもう少しアップしますね。

季節は秋です。
レストラン&カフェの壁につたう蔓が見事でした。

これはヘンリーヅタでしょうか。

このお家は1633年に建てられたようです。
オランダの家は耐久性に優れているようで寿命が長いです。
寿命が長いといっても、長く住めるように大切に使われ、補修もマメにすることが前提です。
傷みやすい木の窓枠などは4~5年に一度はペンキが塗られます。


このお家には可愛い猫の置物がユニークに飾られていました。


トリカブト(アコニツム)の咲く頃。
後ろのドアの色に映えて綺麗でした。
うちの裏庭側のガレージのドアがこのドアと同じ色です。
この花を見てトリカブトをうちの裏庭にお迎えしたのですが、
裏庭のトリカブトは消えてしまったようです。(涙)


あの時も数週間前に行ったときも、長閑な村でした。
これからもずっとこのまま残って欲しい風景です。


10 件のコメント:

  1. 時間を経た家並みや自然はすぐに取り壊すこの日本では太刀打ちできないですね。
    またため息ですが、一番下の画像が最高。

    返信削除
  2. mizuさん、おはよう~。

    コメント欄では話がちょっと長くなりますが…
    お家がかなりしっかり建てられているので寿命が長いのですが、
    この寒い冬もかなり助かっているんですよ。
    日本の寒い地方ではお家の中もかなり寒くなるようですが
    こちらの家は熱も遮断するようです。
    外が-15度という日が2週間ほど続いていますが、
    私の家の使っていない部屋には一切暖房を入れていなくても
    気温が15度以下になることはありません。
    壁が分厚く窓が大きくても窓ガラスも2重になっているからかもです。
    日本で同じような家を建てるととてつもなく高くなりそうですが(笑)
    こちらと同じ家ではやはり駄目だと思います。
    日本には日本の気候に合った家が必要だと思います。
    昔日本にあった町屋などは日本の暑い夏、風が通り抜ける工夫がされていたのだとか。最近そういう古いお家を修復して使うということが見られるようになったのだとか?嬉しいですね。

    一番下の写真、改めて見てみるとmizuさんっぽい感じでしたね。
    一眼レフ欲しい~~~

    返信削除
  3. lunaさんおはようござます。
    無事壁紙にできました〜 ♪
    水に移る木々の姿、静かな冬の空気感、
    PCひらくたび見入ってしまいます。。。
    快く送って下さりうれしかったです。
    ありがとうございました。
    mizuさんの選んだ画像も素敵です〜

    私達から見ると外国はどこを撮っても絵になりますが、
    どこを切り取るかの感性の違いは大きいですよね。
    lunaさんやmizuさんの感性は好きだな〜
    このブログを通じて、
    自然が大切にされているオランダが好きになってきています ^-^
    こんな風景の中歩いて見たいですが、安いツアーの駆け足旅では無理なこと、
    このプログで楽しませていただきます。

    返信削除
  4. ちゃまさん、おはようございます♪

    こんな小さなことで喜んでくだるちゃまさんに感謝です。

    私のブログでオランダの自然が好きになったなんて本当に嬉しい!
    いつも同じような画像になっていますが(汗)私が森にいる時に感じる自然に包まれる心地よさをブログを通じて伝わればとても嬉しいです。

    観光するものは近くにありませんがluna's Bed & Breakfast空部屋あります。(笑)

    返信削除
  5. ちゃまさん、あの件ちゃまさんに背中を押してもらって実行することにしました。応援お願いしますね!

    返信削除
  6. lunaさん、自然が豊かで家並みも風情があって絵になる写真ばかりですね。
    とても素敵です。
    観光地でもなんでもない、普通の小さな町がこんなに素敵なんて、のんびりただ歩くだけでも幸せな気分になれそうです。

    少し前の記事のスノードロップの群生!
    驚いちゃった!!
    スノードロップがあんなにたくさん咲き広がる光景を見たことがありません。
    イギリスのキューガーデンのブルーベルの森でその群生をいつか見てみたいと憧れているのですが、このスノードロップたちもいつか眺めてみたいです♪

    返信削除
  7. junさん、こんにちは♪

    最近は街に出かけるよりもこういうところに出かけることが多くなりました。歳のせいでしょうか?(笑)

    スノードロップが咲いているところはマナーハウスの敷地内でしたので中に入ることができず、遠くからの写真で残念でした。
    また別のところで見かけたら投稿にしますね。
    あとjunさんに是非紹介したいのがイチリンソウ。junさん好みじゃないかな~♪と思っています。

    ↓こちらの過去の記事で画像が見れます。

    http://dutchluna.blogspot.com/2011/04/blog-post_03.html

    返信削除
  8. lunaさん、うん・うん、好きです♪
    イチリンソウ♪
    可憐ですね~。
    教えていただいたブログの記事の写真も美しいです!
    山の方へハイキングに行って、見たことがありますよ~。でもポツポツと咲いていたくらいで、lunaさんみたいにあんなに咲き広がっているのは目にしたことがありません。
    感激してしまうだろうなぁ。

    雑木林などに自然に咲き広がっていると、やっぱりさらに素敵ですよね。

    lunaさんとは本当にお花の好みが似ているみたいで嬉しいです!

    それからlunaさんのブログ、リンクさせていただいてもよろしいですか?
    よろしくお願いします^^

    返信削除
  9. junさん、こんばんは♪

    やっぱりですか?嬉しいです。そうじゃないかとかなり(?)自信がありました。(笑)
    オランダではイチリンソウは「森のアネモネ」と呼ばれ森に自生している花です。でもこの花が咲き乱れているのを実際に目にしたのはこのときが初めてで感激しました。

    前回のコメントでイチリンソウのことに気をとられて書き忘れたのですが、イギリスのブルーベルの群生も素敵でしょうね~。キューガーデンにはロンドンに住んでいる友人に連れて行ってもらったことがあるのですが、真冬だったので温室のことしか覚えていません。(笑)お花の咲き乱れる頃にもう一度行きたいな~と思っています。

    返信削除
  10. junさん、今度はキューガーデンに気を取られてリンクの件を書くのを忘れてしまいました。(汗)とても慌てん坊で…。

    あ~、リンクの件、私の方からjunさんにお願いしたかったのですが…。こういうことにあまり慣れていなくって、コメントを残し始めてすぐにお願いするのは失礼なのかもしれない?と思っていてお願いするのを我慢していました。(笑)junさんのブログもリンクさせてくださいね。

    返信削除