3.2.12

小さなオランダの村 2

昨日の続きです。

小さな村を後にして近くのお城(イギリスのマナーハウスのようなところ)に寄りました。
お城には今も持ち主が住んでおられるので見学は不可です。


今ではもう使われていませんが昔ながらの水車が残っていました。
私の住む街の近くにあるお城にも水車があって、そこでは今も週末になると水車が廻り
宿根亜麻(リヌム・ペレンネ)の種からオイルを抽出する様子を見ることができます。

↓は昔、馬小屋だったところが今はカフェ・レストランとなっています。


中に入るとこんな感じ。確かに馬小屋ですね。


望遠で撮っているので画像が良くないですが、窓からはこんな風景が。
スノードロップが咲き乱れていました。


ボタジェもありました。カフェの方が何やらハーブを摘んでいました。


お城の周りの森を散策しました。
葉が落ちてしまった冬の木々も好きです。


散策道沿いにちょこちょことスノードロップが咲いていました。
この写真を撮った時は気温が0度でした。

寒さに強いスノードロップはどのくらいの気温までこの状態を保つのか
分からなかったのですが、最近の最高気温-5度、最低気温-12度では
花が地面まで垂れ下がってしまっています。
でも大丈夫。この花はヨーロッパ原産の花。
もう少し気温が上がればきっと復活してくれるはずです。

0 件のコメント:

コメントを投稿