29.8.12

シュウメイギク


今年ほどお花を買わなかった年はありません。(笑)
春に八重咲きゲラニウムを一鉢買って以来でしょうか。
夏の一年草のペチュニアやインパンチェスなどもお迎えしませんでした。
あまり心惹かれるお花との出会いがないからかもしれません。
でもそもそも、そういう出会いを求めてガーデンセンターへ行くこともありませんでした。


アガパンサスの花が終わり、秋を目前に裏庭がすこし寂しくなりました。
冬になるまでにまだ数ヶ月あるし、秋もお花を楽しみたいと
久しぶりにガーデンセンターに出かけてきました。

出会ったのはシュウメイギク。
裏庭は秋に咲く宿根草が少ないので何年も前から半日陰で育つ
シュウメイギクを探していたのですが、ずっと出会いがなかったのです。
一重のシュウメイギクも可愛いですが、私が惹かれたのは八重咲き品種でした。
気になる品種名は?とラベルを確認すると、"Anemone"としか書かれていませんでした。
そ、そんなぁ。


近所のナーセリーが作成したカタログによると
(そのナーセリーでお買い物をせずに申し訳有りませんが。笑)
オランダでは最初の数年は霜避け対策が必要とのことでした。
このお花がお庭で咲いているのをあまり見かけないということは
やはり寒さが問題なのかもしれません。
だからまた冬の間お蔵入り(ガレージで保管するという意味)する花を増やしてしまいました。

そして秋用に既に販売が始まっていたビオラもお迎えしました。
春に買ったビオラもまだ残しているのですが、あまりに伸びきったものと交換です。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

0 件のコメント:

コメントを投稿