16.8.12

ローイボスティー(ルイボスティー)

英国園芸研究家の吉谷桂子さんをご存知でしょうか。
日本にいらっしゃる皆さんの方が良くご存知かもしれませんね。
ふとしたことがきっかけで吉谷桂子さんのことを知り
ブログを見つけて時々拝見しています。
今年はオランダでフロリアード(10年に1回オランダで開催されるガーデンショー)が
開催されたため、吉谷桂子さんはオランダへ来られたようです。
8月9日付のブログにオランダのローイボスティーが紹介されていました。
これだ~!と思いました。
何がかというと、ショップで何か軽くて手軽なものを紹介したかったのです。


以前にもオランダの郵便局が価格面で細やかなサービスをしていないことを説明しました。
2kgや5kgまでの小包にまだ余裕がある場合は小さなものを
送料なしでお届けできるサービスをしています。
「古くて小さくて可愛いもの」のカテゴリーにある小さなアンティークです。
その他にアンティークでなくてもオランダでしか手に入らない素敵なものを探していました。
このローイボスティーはオランダでしか手に入れることができず
吉谷桂子さんが絶賛されています。
吉谷さんはベルギーやフランスでもこのお茶を探されたそうですが
どこにもなかったとおっしゃっておられます。
私自身も他の国でこのフレーバーのローイボスティーを見たことがありません。

ローイボスティーは南アフリカのお茶です。南アフリカがオランダの植民地であったことから
このお茶がオランダでも昔から飲まれているのですが、私がこのお茶の存在を知ったのは
もちろんオランダへ来てからでした。
最近日本でも注目されているお茶のようですが、フレーバー付きローイボスティーは
やはり珍しいようです。
オランダはどういう訳かローイボスティーだけではなく、普通の紅茶や緑茶にも
ありとあらゆるフレーバーがあります。
スーパーのお茶売り場はそれはそれはすごいのですよ。(笑)
私はこのローイボスティーがカフェインレスであることから飲んでいたのですが
調べてみると、豊富なミネラル、良質なポリフェノールによる抗酸化作用があり
とても体に良いお茶なのです。

今回紹介するローイボスティーには、レモングラス・シナモンのフレーバーと
ピンクペッパー・オレンジのフレーバーの2種あります。
(他のメーカーだとまだ色々とフレーバーがあります。)
このローイボスティーをお荷物の重量に余裕がある場合に注文可能に致します。
送料はかかりませんので、こちらのスーパーの販売価格で紹介致します。
ただしユーロ・日本円の外国為替リスク(為替の変動)があり
また当店のショップの価格を100円単位で設定しているため
1箱20パック入りを200円で紹介します。
尚、手持ちの在庫がない場合、発送に1~2日余裕を頂くこともありますので
予めご了承下さいますようお願い致します。
本日より受け付けております。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


0 件のコメント:

コメントを投稿