7.12.11

シンタクラースからのプレゼント

去年までは毎年主人の家族とシンタクラースのお祝いをしていました。
9歳の姪っ子がシンタクラースの存在を信じていたからです。
子供も大人もたくさんのプレゼントを貰い、シンタクラースからの手紙を読みました。
でも去年のお祝いが終わった後、姪っ子の両親が本当のことを話しました。
学校の友達から色々と言われる前に説明しておいた方が良いと思ったからでしょう。
信じきっている姪っ子がプレゼントを貰う様子を見るのを楽しみにしてきましたが
今年からお祝いはなくなりました。
その代わり今年からクリスマスにプレゼント交換をすることになりました。

だからシンタクラースのプレゼントはないものだと思っていたのですが
主人がプレゼントを用意してくれていました。
スタジオジブリの「借りぐらしのアリエッティ」のDVDです。


原作のメアリー・ノートンさんの「床下の小人たち」を読んだことがあったので
スタジオジブリがこの本を元に映画を作ると聞いたときから
この映画を見るのを楽しみにしていました。

この映画に出てくるドールハウスやアリエッティの住む家に目が釘付けになりました。
ミニチュアの世界… 切手を絵画に見立てたり、ボタンを壁に飾ったり、
色んなアイディアを貰いました♪

思いがけないシンタクラースからのプレゼント、しかもず~っと見たかった映画
本当に嬉しかったです。
でも私は主人にシンタクラースのプレゼント用意していなかったんですよね。(汗)

0 件のコメント:

コメントを投稿