12.11.14

中山道の旅 妻籠宿


馬籠(岐阜県中津川市)から
旧街道を歩き、到着しました
妻籠(長野県木曽郡南木曽町)

木曾街道六拾九次 妻籠(歌川広重画)


いかにも昔の宿場町という風情に感激です。^^



京都では花が終わっていた萩。
妻籠ではまだ咲いていました。


馬籠、妻籠の郵便局では
各局でしか手に入らないという
中山道の切手シートを購入しました。
(主人が珍しい切手を集めています。^^)


軒先の植栽がユニークでした。


馬籠の観光案内所から
妻籠の観光案内所まで
手荷物を送ってもらうことができます。
身軽になって散策できたのは
本当に有難かったです。

妻籠の観光案内所

観光案内所はかなり古い建物でした。
ガラスもゆらゆら揺れるような薄いものでした。
冬は寒いかもしれませんね。


妻籠の宿 『藤乙』さん

実はこちらの宿
中山道の旅を終え、実家でテレビを見ていると
『日本人の知らない日本』というテーマで
中山道の旅が外国人に人気と
こちらの旅館のご主人が取材をされていて
ビックリ。

心温まる日本のもてなし。
有難うございました。

中山道の旅 続きます。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

2 件のコメント:

  1. lunaさん、おはようございます。

    わ~、ここ、すごい趣があって素敵!
    行ってみたいです!
    ちょっと調べたら島崎藤村で有名のようですね。

    返信削除
  2. hanaさん、おはようございます♪

    是非是非行ってみてください。^^
    馬籠には島崎藤村記念館、妻籠には妻籠宿本陣(島崎藤村の母の生家)があります。

    返信削除