30.10.11

森の秋


うちの近くの森はもう何度も紹介しているのですが
秋の様子を紹介するのは初めてのようです。
最近週末はお出かけすることが多く、秋の森を散策したくてうずうずしていました。
今朝やっと行くことができました。


きのこもたくさんありましたが、動物たちにも食べられずに残っているということは
毒があるということなのかもしれません。

落ち葉のカーペット。

春~夏、緑溢れる森も、冬の雪に覆われた森も素敵ですが、
秋の森も素敵でしょ♪

4 件のコメント:

  1. わぉ〜 ♪

    前に見せていただいた冬の森の美しさも素敵でしたが、
    秋の森も。。。まるで絵の世界ですね。
    風がなくてもカサコソと舞い落ちる枯葉の中を、
    どこまでも歩きたくなります。
    ほっこりと幸せでしょうね。
    こんな美しい自然が身近にあるなんて、
    なんと素晴らしいことでしょう。うらやましいです。
    こちらではほんの少しの里山も、どんどん開発が進み、
    伐り倒された木々や削り取られた山肌に心が痛みます。
    人間って愚かなことばかりやって、いずれ絶滅してしまうよね。
    何万年も先のことと思っていたけど、
    タイの洪水やアメリカの大雪、もちろん日本の津波など、
    案外早いテンポで来るのかも...

    でも大切にされている森を見ると少し安心します。
    美しい写真にそぐわないコメントになってごめんなさい〜

    返信削除
  2. ちゃまさん、こんにちは。

    どの時期も素敵ですが秋の様子も投稿できて良かったです♪
    「ほっこりと幸せ」そうですね、特別なものがなくても
    ここに来るだけで幸せを感じます。
    本当は動物たちが見たくて早朝に来たかったのですが
    主人には週末ぐらいゆっくり寝させてあげないと。
    近くにこの場所があることはとても感謝なことです。
    これまでこの場所を残してくださった昔生きた方々に感謝。
    そしてこの場所を受け継いだ私たちは未来の人達にも
    残すように頑張らなければなりませんね。

    返信削除
  3. こんばんは。秋の森とてもステキです。
    私の家の近くは何というか乱雑な森なのですが
    lunaさんのところは落ち葉まで整っているように見える!
    今年こちらは10月としてはとても暖かかったですが、
    そちらも暖かめですか?

    返信削除
  4. shidekuboさん、おはようございます。

    落ち葉が吹き飛ばされたりすることのない穏やかな日だった
    からでしょうか。

    9月にForester(オランダ語から英語に訳すとこれが
    でてきました。日本語では何と言うのか分かりません)と
    一緒に森を散策するというイベントに参加したのですが
    どの森にも担当Foresterがいるらしいです。
    だからといってすごく手入れをしているかというと
    そうでもないのです。
    参加者からの色々な質問の中に「死んでしまった木は
    排除しないのか」とか「空いているスペースに新たに
    木を植えないのか」というのがありました。
    Foresterの答えは「死んでしまった木はそのままに
    している。死んだ木には死んだ木なりの役目(虫が生きやすい
    環境となる)もある。」と「新たに木を植えることは
    ほとんどない。自然に木は更新されていく」ということで
    すこし前には何もなかったところに自然に生えてきた
    若木の群生を見せてもらったりしました。
    手入れすることはほとんどなくとも(自然任せ)
    こうやって見守られているのだなぁと深く感心しました。

    昨日のニュースで今年の10月は平年より暖かく雨の少ない
    月だったと言っていました。
    ここ数日特に暖かいですよね。

    返信削除