19.6.14

イングリッシュ・ラベンダーと紫陽花


フロントガーデンのイングリッシュ・ラベンダーが咲きました。


花が咲く前の蕾の状態で収穫し
ドライフラワーにするつもりだったのに
雨が降った間に蕾が開いてしまいました。
今年はこのままお庭でお花を楽しむことに。


そして紫陽花も咲きました。
ピンク、紫、ブルーと
グラデーションが綺麗に出ました。

このまん丸の紫陽花は
シーボルトが オタクサと名付けた紫陽花。
シノニムで残らなかったのが残念ですが
オランダ語では紫陽花をオルテンシアと呼びます。
どこかオタクサに似ているような気がします。


↓ そしてこちらが 愕紫陽花。
紫陽花は熊吉さんが
『しぶとい花ですよ』
と言っているように
とても丈夫な花ですね。


日本の紫陽花を初めて見た
ヨーロッパ人は
きっと欲しくて欲しくて
たまらなかったでしょうね。^^

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

4 件のコメント:

  1. こんばんは~
    こんな紫陽花大好きです
    家にもありますよ
    ハイドランジアとか言って、改良種が山ほどあるのですが
    昔ながらのものが好きなんですよね
    あと、山紫陽花が最高です

    あ~ アナベルもいいです ^^

    イングリッシュラベンダー 盛んに出回っていますが
    必ず枯らします  九州の湿気はダメみたい。
    最近は暑さに強い種も出てきました
    今はいただき物のラベンダーがありますが
    日陰に置いていたので 情けない姿です
    最近 陽当たりの良いところへ持ってきました

    フロントガーデン色とりどりですね


    返信削除
  2. lunaさん、こんにちは!

    わ~、ラベンダーと紫陽花、素敵ですね~。
    うちにもラベンダーはいくつか植えているのですが、
    なかなか立派になってくれなくて。
    一つはこの冬でだめになってしまいました・・・

    そういえばlunaさんのお庭には白いラベンダーもありましたよね?

    紫陽花も立派ですね~。
    うちはアナベルは大きくなっていますが、
    ピンクのお花の咲くいわゆる普通の紫陽花はやはり冬のせいかあまり大きくならないのですよ~。
    なのでうらやましいです。

    下のかごバッグもすごいかわいい!!
    でも私は移動中にあけて中のものをぶちまけたりしそうです(笑)。

    返信削除
  3. さくらさん、おはようございます♪

    紫陽花が咲くと華やかになりますね。
    一本切って部屋に飾っておくだけでも素敵だし、
    ドライフラワーにもなるし、大活躍のお花です♪
    アナベルは今綺麗なライム色です。

    ラベンダーはやはり人気がありますね。
    暑さに強い品種なら日本でも育てられそう?

    返信削除
  4. hanaさん、おはようございます♪

    ラベンダーはこのお庭にもともとあったもので
    もう10年以上になります。
    こちらの気候が合うのでしょうか。
    フレンチラベンダーはダメなんですが。
    良く覚えていますね~。そうです、
    白のイングリッシュ・ラベンダーもあります。
    こちらは紫のものより遅れて咲き始めるので
    まだ蕾が膨らんでいません。
    今年はこちらをドライフラワーにしようかと思っています。

    紫陽花は大きくなるのに時間がかかるでしょうか。
    この紫陽花ももともとあった紫陽花で
    私がこのお庭を引き継いだ時に結構強剪定をしたのですが(地面近くまで)
    8年でこの大きさになりました。

    かごバッグ可愛いでしょう?
    180度に全開しないので大丈夫だとおもいますが
    ちょっと気を付けた方が良いかもしれませんね。^^

    返信削除