17.6.14

シーボルトと先生のお庭番 地図編

文政11年(1828年)9月、オランダ商館付の
医師であるシーボルトが帰国する直前、
所持品の中に国外に持ち出すことが
禁じられていた日本地図などが見つかり、
それを贈った幕府天文方・書物奉行の
高橋景保ほか十数名が処分され、
景保は獄死した(その後死罪判決を受けている)。
シーボルトは文政12年(1829年)に国外追放の上、
再渡航禁止の処分を受けた。

↓ シーボルトが国外に持ち出したため
幾人もの命が犠牲になった地図の一部です。


分間江戸大地図






ウィキペディアより
文政6年(1823年)に長崎へ来日したドイツ人医師シーボルトは
文政9年(1826年)に江戸へ参府する。
最上徳内はシーボルトを訪問し、
何度か会見して意見交換する。
学術や北方事情などを話題に対談し、
間宮林蔵が調査した樺太の地図を与えたほか、
アイヌ語辞典の編纂をはじめ
日本研究に熱心なシーボルトに協力する。
文政11年(1828年)にシーボルトが帰国する際に
国禁の日本地図持ち出しが発覚し、
シーボルト事件に至るが、徳内は追及を免れている。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

4 件のコメント:

  1. lunaさん、こんにちは!

    先日は、本を貸してもいいですよ、とのお言葉、ありがとうございました!

    でも、私も自分で購入しますので、ご心配なく。
    でもお気持ち、とっても嬉しかったです。

    そして、今回のポストも、興味津々で読みました!

    当時、日本でシーボルトに接した日本の人々は、
    やっぱり自国のことに興味を示してくれる人がいることがうれしかったのではないでしょうか。

    地図の持ち出し禁止とかはきっとわかっていたはず(?)ですよね?
    でもやっぱりいろいろ聞かれて、ああ、本当に熱心に知りたがっているのだな、と思ったら
    こちらも熱心に答えてもっと知ってほしいと思うものでしょうし。

    やっぱり、歴史、おもしろいです!

    返信削除
  2. hanaさん、おはようございます♪

    そうですか、了解です。^^

    オランダ人は参勤交代の場合を除いて人口島である出島から
    出ることは許されていませんでしたから
    草花を集めるのも日本人に頼っていたと思います。
    西洋の医学を惜しみなく教えた見返りに日本の工芸品を受け取っていたようです。
    また地図を含め日本の内政や産業のことなどを
    調べることもシーボルトに与えられていた任務だったと思います。
    本を読まれるのであればネタバレになってしまいますので、
    これ以上は伏せておきますね。^^

    返信削除
  3. こんにちは♪
    あはは、やっぱりhanaさんコメントしてる(爆)。
    私も今回の記事も大変興味深く読ませていただきました。私も歴史大好きなので、こういう記事大好きです。なんせ中学生の頃の私の愛読書は百科事典の世界史と日本史で、そんなこと恥ずかしくて友達には言えなかった(笑)。

    だからアンティークも好きなのかしら?

    返信削除
  4. wilmslowさん、こんばんは♪

    hanaさんもwilmslowさんも歴史が好きなんですね~♪
    私は歴史、苦手でした。
    百科事典ですか。私は本も読まない中学生でした。^^
    こんな薄っぺらい投稿で申し訳ないです。(
    汗)
    『先生のお庭番』でカバーしてください。^^

    返信削除