31.1.18

スノードロップと立春のクレープ


相変わらず雨だったり、どんよりと曇っていたり
地面が乾くことのない庭ですが
今年は暖冬のようでスノードロップが
蕾を付けています。

ウィキペディアより

スノードロップは聖燭節(マリアの清めの祝日)との関係が深く、
修道院の庭でよく育てられていたため、
修道院の跡地などに自生していることが多い。

民間では、ヨーロッパに古くからあった
立春の祭と習合した風習がみられる。
また、ローマに詣でた巡礼が法王より
聖体を下賜される行事にならい、
フランスの各家庭でクレープが焼かれ、
食される日でもある。

スノードロップからクレープへ繋がるとは
思っていませんでした。(笑)
2016年のクリスマスに主人から
エクトール・アンリ・マロの 
"Sans famille"(「家なき子」)を貰い
最近になってやっと読みました。
その中でクレープが出てくるのですが
クレープを作る過程でバターが溶ける薫りが
家中に広がるシーンがありました。
それはまるで幸せの象徴のようだったと
印象深く心に残っています。

今週末は立春ですね。
焼いてみようかな、立春のクレープ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2 件のコメント:

  1. lunaさんこんにちは〜
    こちらはまた雪の朝になりました。
    ↑の元気なスノードロップはluna庭ですか?
    たくさんあって開花が楽しみですね♪
    明日は節分、その次はいよいよ立春。
    庭の草木も少しずつ春に向かう準備を進めているようです。
    ジューンベリーの小さな枝先もピンク色に。。。♡
    立春の日のクレープ♪
    幸せな風習ですね ^^
    なんかパンケーキの日もあったよね。。。
    苺をたっぷりのせて食べたくなりました。

    うまく送信出来なかったので再度書き込みました。
    だぶって届いたら消去してくださいね ^^;

    返信削除
  2. ちゃまさん、こんにちは。
    ごめんなさい!コメントが入っていることに全然気づいておらず
    1か月以上経ってしまいましたね。(大汗)
    このスノードロップはうちの裏庭です。
    しばらく氷点下の世界が続いていて昨日やっと温かくなったのですが
    半分以上は復活できないようです。
    芽生えの季節は良いですね。生命の息吹が一番感じれる季節。
    美味しいものが食べれるのも幸せのひとつですね。
    それに私にとっては太陽の光が幸せの絶対条件になりました。^^

    返信削除