31.8.15

フランスアンティーク クレイユ・エ・モントロー 爽やかグリーンのガーランド模様 コンポティエ


今日はクレイユ・エ・モントローの
コンポティエを紹介します

白地にグリーンの模様が
爽やかな印象のコンポティエ。
ヤグルマギクでしょうか
愛らしいお花がガーランドのように
お皿の縁を彩っています。

ティータイムにお菓子などを盛るなど
テーブルコーディネートに高さのある
食器がひとつあると便利です。
またお気に入りの小物やドライフラワーを飾って
インテリアに取り入れることもできますね。

最近買い付けに出かけると
まず目に飛び込んでくるのが
テーブルウェアーです。
日本人は食器類が好きね、
とフランス人の販売者さんに
言われたことがありますが
やはり皆さんもそうなのでしょうか?^^


このクレイユ・エ・モントローのコンポティエ
Antiques Lis de la vallée ヘ更新しました。

http://antiques-suzuran.blogspot.nl/2015/08/blog-post_31.html

詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

29.8.15

フランスアンティーク リネンダマスク織  モノグラム入りセルヴィエット(ナプキン)


今日はフランスのセルヴィエット(ナプキン)を紹介します

美しいイニシャル刺繍が施されています。
リネンのダマスク織で
光の加減でバラのガーランド等の
模様が浮かび上がります。

良いコンディションですので
このままナプキンとしてご利用頂けますが
ハンドメイドなどでリメイクされても
素敵なものが作れそうです。

このセルヴィエット(ナプキン)
Antiques Lis de la vallée ヘ更新しました。

http://antiques-suzuran.blogspot.nl/2015/08/blog-post_29.html

詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

27.8.15

イギリスアンティーク  シックな色合い シルバープレートのティーポット


イギリスのシルバープレートの
ティーポットを紹介します。

エレガントなエングレービングが施され
ハンドルや摘みも美しいティーポット。

時と共にシルバーがシックな
黒の色合いになっており
このようなアンティークシルバーの
シックな色合いを楽しんで頂けます。

このポットを見つけたとき
他のお客さんが、
『綺麗なポット、良く見つけたわね』と
言ってくださいました。
ヨーロッパの方は
磨かないシルバーが好きな方も
多いようです。
オランダ人の主人はこのポットを見て
エタン(ピューター)のポットかと思ったよう。
それほど綺麗に黒ずんでいるのです。(笑)

黒ずみが気になる方は
シルバー専用クリーム等で
お手入れして頂ければ
シルバーの輝きが戻ります。

このシルバープレートのティーポット
Antiques Lis de la vallée ヘ更新しました。

http://antiques-suzuran.blogspot.nl/2015/08/blog-post_27.html

詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



26.8.15

オランダアンティーク 壁かけコーヒーミル


今日はコーヒーミルを紹介します。

ヨーロッパに初めてコーヒーを
もたらしたのはオランダ。
また最初に日本(長崎 出島)
コーヒーを持ち込んだのも
オランダと言われています。
オランダでは今でも紅茶よりも
コーヒーがよく飲まれています。

1753年創業のオランダの老舗コーヒー会社
Douwe Egberts のコーヒーミルです。
壁や柱などに固定して
レバーを回すと簡単に
コーヒーが引けるタイプのものです。
本体は陶器製、
豆を挽く部分はアイアン製
後ろの受け板は木製
受け皿はガラス製です。

黒い蓋を開けてコーヒー豆を入れ

レバーを回すと挽かれたコーヒーが
ガラスの部分に落ちるようになっています。
ガラス部分を手前に引くと
コーヒーがとれるようになっています。
後ろにあるレバーを回して
コーヒー豆の挽き加減を
調節することができます。

このDouwe Egberts のコーヒーミルを
古道具 Lelietje van dalen ヘ更新しました。


詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



25.8.15

サン・マルタン運河


映画『アメリ』の石投げのシーンが
撮影された サン・マルタン運河。

セーヌ川、アスナル港から
サン・マルタン運河と続いているので
外洋からも入ることができるよう。
たまたまヴァカンスを愉しむクルーザーが
入ってきていたのですが
オランダ人でした。^^
オランダ人は昔から船が好きですね。
クルーザーを持っている人が
たくさんいます。


丁度高低差のある閘門を
通過するところだったので
水位を変えてクルーザーが
通るところを見学できました。


週末ではなかったのですが
夜は若者たちで
賑わっていました。
セーヌ川よりも
こちらがポピュラー?


運河が地下になっている部分は
公園になっていました。


色使いが素敵でした。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

24.8.15

フランスアンティーク チュールレース


今日はフランスのチュールレースを紹介します。

美しい刺繍の施された
繊細なチュールレース。
ロマンチックな空間を
つくってくれそうです。


切りっぱなしではなく
上下左右端処理済みのもの。
インテリアに取り入れたり
ハンドメイドでリメイクしたり
色々と役立ててください。

このチュールレースを
Antiques Lis de la vallée ヘ更新しました。

http://antiques-suzuran.blogspot.nl/2015/08/blog-post_24.html

詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

21.8.15

フランスアンティーク  バカラ クリスタル ワイングラス 2個セット


今日はパリで買い付けたお宝(笑)を紹介します。
あまりに素敵だったので2か月ほど
手元で温めました。(笑)

本当にたまたま入った
アンティーククリスタル専門店だったのですが
とても素敵な出逢いがありました。
バカラのワイングラスのセットです。

このグラスのセットとの出逢いもそうですが
ショップのオーナーとの出逢いも
私にとっては特別なものとなりました。

普段は奥様が切り盛りされているらしいのですが
その時偶々いらっしゃったのは
きっちりとスーツを着こなしたお爺ちゃま。
かといって、敷居が高いという感じはまったくなく
とても丁寧に、親切に
何も知らない私に
色々と教えてくださいました。

グラビュールの素敵なこのバカラのグラス。
ワイン用には小さいと思ったので
『これは何用のグラスでしょう?』と尋ねると
『ワイン用です。この大きさが、フランスの
ワイングラスの一般的なサイズです。』
とのお返事。

フランスアンティークのグラスは
小さなものが多いのですが
このサイズがスタンダードだったのですね。
ずっと不思議に思っていたことが解けて
スッキリ。(笑)


前置きが長くなりましたが、
1764年創業、老舗バカラの
ワイングラスの2個セットです。
フランス王室はもちろん
世界中の王室御用達として
有名なクリスタルメーカーです。
(昭和天皇も皇太子時代にパリの
バカラショップへ寄られているのだとか。)

美しいグラヴュールに
すっきりとしたステム。
優雅な時間が流れそうです。(笑)

細やかな傷さえも確認できないので
未使用かそれに近いコンディション。
お値段は張りますが
高品質のお墨付きクリスタルガラスです。
一生もののワイングラスとなると思います。

このバカラ クリスタル ワイングラス 2個セットを
Antiques Lis de la vallée ヘ更新しました。

詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

20.8.15

ニシム・ドゥ・カモンド美術館


前回 画像だけですが紹介した
ニシム・ドゥ・カモンド美術館があります。


ジャックマール・アンドレ美術館は
ガイドブックにも紹介されていて有名ですが
ニシム・ドゥ・カモンド美術館は
それほど知名度がないものの
私的にはこちらがおススメの美術館です。



パリの銀行家、モイス・ドゥ・カモンド伯爵の個人邸宅です。
モイス・ドゥ・カモンド伯爵は
コンスタンチノープル出身のユダヤ系貴族。
パリが最も美しかったと言われている
ベルエポック時代に建てられた邸宅です。




カモンド伯爵夫婦が住んでいた頃の
調度品がそのまま残っていて
パリの上流階級の生活ぶりが伺えます。


カモンド伯爵は美術の収集家としても知られており
18世紀を中心としたフランス美術品を
数多く所有していました。

当時パリでは、ヨーロッパ中の美術品が
売買される街として栄えており
夫婦は元貴族の所有品であった 
数々の調度品や家具を 
買い集めていきました。


↑ この椅子の背もたれとクッションは、取り外しが可能なように作られていて
季節に合わせたファブリックに取り換えられたのだとか。


ところが、最愛の息子
ニシム・ドゥ・カモンド
第一次世界大戦で戦死。
モイーズ・ド・カモンド氏は屋敷に
息子の名前を付け、
美術館として公開するよう
遺言を残しました。

邸宅を保存して資料にするため、
彼の死後膨大なコレクションが
競売にかけられるのを防ぐため、
収集した美術品と邸宅を、
美術協会とフランス国家に寄付し、
1936年に館はカモンドの遺言通り
美術館として一般公開されました。


ドイツやフランスの
食器がずらり。





実はニシム・ドゥ・カモンドには妹がいたのですが
この屋敷を継ぐことはありませんでした。
妹ベアトリスは第二次世界大戦中、
アウシュビッツの強制収容所へ送られ
生き延びることができなかったという
カモンド家の悲劇。




↑ キッチンと
↓ その隣にある給仕人のダイニング。


給仕人の食卓にもお宝がいっぱい。(笑)




・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

19.8.15

アンティーク 銅製 アルファベット Y R


今日は古いアルファベットサインを紹介します。

コッパー(銅)製で大きさの割にずっしりと
重みがあり、しっかりしたつくり。
シンプルですがすっきりとした
美しいフォントです。

小さなアルファベットですので飾りやすく
ガラスドームやウォールシェルフなどで
他の小物と合されても素敵ですよ。

たくさんあったアルファベットの中から
日本人の名前に多いイニシャルのものを
2つだけ(笑)買い付けました。

私が見つける前におばさんが
ご自分のイニシャルを探しておられました。
『Bを探しているのよ~』と言われ
一緒に探してあげたら
ご住所の番号も探して、
とお願いされました。(苦笑)
するとどんどん人が集まってきて
賑やかになり
ドンドン売れて行きました。^^
マーケットなどでは
他の人が見ているものが
気になるものなのかもしれません。

この銅製 アルファベット Y Rを
古道具 Lelietje van dalen ヘ更新しました。


詳細は ↑ リンクをクリックしてください。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・